失敗しない映像制作会社の選び方!2つのポイント

どんな映像制作会社に依頼すべき?実績や料金をチェック

映像制作の依頼における2つの選択肢

映像制作を依頼する際には、「映像制作会社へ委託するのか」あるいは「フリーランスの方へ委託するのか」を決める必要があります。外記のコンテンツでそれぞれの違いを紹介していきますので、依頼する予定がある方はチェックしておきましょう。

映像制作会社orフリーランス?それぞれの違い

映像制作会社に委託するメリット

映像制作会社の場合、制作作業を分断化してくれて、それぞれのエキスパートが担当してくれます。よって、完成した時のクオリティには安心しやすいです。また、技術力が高い方が多く在籍している制作会社であれば、希望以上の映像を納品してくれることでしょう。

フリーランスの方に委託するメリット

フリーランスの場合、基本的に1対1で物事が進んでいくので、親密に制作を進めることが可能です。ちょっとしたワガママな要望であれば、フリーランスの方の方が対応してくれることも多いようです。また、映像制作会社よりも価格が安くなりやすいということがメリットになります。

失敗しない映像制作会社の選び方!2つのポイント

カチンコ

制作実績と提案力の有無は?

映像制作会社に委託するからには、その会社には制作実績については気になるところです。大抵の映像制作会社の場合、ホームページから制作実績を確認することができるので、必ず事前に確認しておきましょう。また、制作実績が高いことも重要ですが、自社にとって最適な提案してくれるかどうかも重要になります。自社が作りたいジャンルの動画を過去に制作しているような会社なら、提案力にも期待ができるので、安心して任せることができるはずです。

フィルム

料金や費用を比較しておく

制作会社を比較するにあたり、費用面もチェックしておきましょう。費用自体は各映像制作会社によって異なり、費用内訳も全然違います。予算を決めて映像制作に取り組みたいという場合には、制作会社へ報告すればいいですが、それ以外の場合、見積もりを比較して決めるようにしましょう。見積もりには、サービス内容や納期、料金などが細かく記載されているので、制作会社選びの参考になることは間違いないでしょう。

映像制作で依頼が多い案件リスト

  • 会社案内・企業PR用の映像制作
  • 商品紹介・販促用営業ツールの映像制作
  • セミナー・イベントに関する映像制作
  • リクルート用の映像制作
  • マニュアル・教育用の映像制作
  • テレビCM・ウェブCMの映像制作
  • Webマーケティング用の映像制作
  • 音楽PV用の映像制作

広告募集中